節税

給与額面上のお給料が上がっても、手取りが増えてないと感じられたご経験はございませんか?
一般的な会社員の方々は、当然に給与支給額から健康保険料や雇用保険料、所得税、住民税等が差し引かれています。近年では少子高齢化や震災の影響もあり社会保険料や税金はほぼ毎年増税され、私たちの納税の負担は増える一方です。

さらに所得税は「累進課税」により年収が高い方ほど高い税率を支払う必要があります。そのため年収1,000万円を超える方々は高所得者であるにも関わらず、一般の方々とあまり生活水準が大きく変わらないと言われています。

給与額面上のお給料が上がっても、手取りが増えてないと感じられたご経験はございませんか?
一般的な会社員の方々は、当然に給与支給額から健康保険料や雇用保険料、所得税、住民税等が差し引かれています。近年では少子高齢化や震災の影響もあり社会保険料や税金はほぼ毎年増税され、私たちの納税の負担は増える一方です。

さらに所得税は「累進課税」により年収が高い方ほど高い税率を支払う必要があります。そのため年収1,000万円を超える方々は高所得者であるにも関わらず、一般の方々とあまり生活水準が大きく変わらないと言われています。

 ※内閣府『国民経済計算』より抜粋

マンション経営をしていく中で減価償却費や固定資産税、ローン利息、管理修繕費等を必要経費として計上できます。 確定申告時に、マンション経営にかかった必要経費を年収から差し引くことで、所得税は還付、住民税は減額されます。

マンション経営をしていく中で減価償却費や固定資産税、ローン利息、管理修繕費等を必要経費として計上できます。
確定申告時に、マンション経営にかかった必要経費を年収から差し引くことで、所得税は還付、住民税は減額されます。

マンション経営で家賃収入を得たからと言って、年収が上がった分の納税額が増えるわけではありません。上手に「損益通算」を活用すれば、税金の戻りは大いに期待することができます。

マンション経営で家賃収入を得たからと言って、年収が上がった分の納税額が増えるわけではありません。上手に「損益通算」を活用すれば、税金の戻りは大いに期待することができます。